「外食業」特定技能 1 号技能測定試験|国外試験 2020 年1 月までの実施状況|ビザサプリジャーナル

  1. ビザサプリジャーナル TOP
  2. 「外食業」特定技能 1 号技能測定試験|国外試験 2020 年1 月までの実施状況

「外食業」特定技能 1 号技能測定試験|国外試験 2020 年1 月までの実施状況

公開日:2020.04.08

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

外食業の現在の国外試験の実施状況と合格率が公表されています。

現在2020年2月末までにフィリピンとカンボジアで実施されています。

フィリピンでは3回、カンボジアでは今年の1月に一回目が実施されました。

 

フィリピン

11月 受験者259人 合格者174人 合格率67%

12月 受験者69人 合格者47人 合格率68%

1月 受験者114人 合格者90人 合格率78%

 

カンボジア

1月 受験者33人 合格者15人 合格率45%

 

今回は、〔外食業〕ミャンマーの試験実施が追加されました。

試験申込受付:2020年2月10日 現地時間11:00~

試験日:2020年2月21日~3月中旬

試験会場::ヤンゴン市内

 

★合格率の状況

フィリピンでは合格率は60%後半から70%代で推移しています。しかしカンボジアでは50%を切ってしまった結果となっております。

さらに今後は国別の合格率に差がでてくることが予想されます。これが課題となるでしょう。

特定技能評価試験を受けて在留資格を獲得した労働者は、日常生活に必要な日本語や専門領域に関しては基本的には困らない水準の知識を得ています。

しかし文化や環境の違いは座学からでは学べない部分も多いのが現実です。会社側は外国人労働者が意欲的に職務に取り組めるようにサポート体制を万全にして受け入れましょう。

 

★特定技能評価試験とは

日本で就労を希望する国内外の外国人に対し、国が定める基準をもとに作成した問題により「日本語能力」と「技能」の水準を評価する試験です。

「日本語能力」の水準は、独立行政法人国際交流基金が実施する「日本語能力判定テスト」又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験」において判定されます。

「技能」の水準は、職種ごとの業界団体が実施する「技能評価試験」において判定されます。

外食業及び飲食料品製造業の技能評価試験は、一般社団法人外国人食品産業技能評価機構により実施されます。

 

★外食業技能測定試験の内容

外食業界で必要とされる技能や知識である以下のカテゴリーから出題されます。

・衛生管理

・飲食物調理

・接客全般

学科試験と実技試験の2つの試験により、学科試験の方は衛生管理、飲食物調理、接客全般から各10問(計30問)出題されます。

 

★合否の基準

学科試験と実技試験の合計得点の65%以上を合格基準としています。

技能試験実施機関に設置する合否判定のための委員会において合否を判定します。

「技能評価試験」と「日本語能力判定テスト」の双方に合格すれば、受入れ企業先の特定技能所属機関と直接雇用契約を結ぶことができます。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
飯塚 匡春

飯塚 匡春

社会保険労務士法人ADEPT(アデプト) 代表 行政書士飯塚匡春事務所 代表 入国管理局認定申請取次行政書士 保険会社で7年勤務後、行政書士、社会保険労務士を取得。2013年開業する 2019年社会保険労務士法人ADEPT(アデプト)を設立。 企業の労務管理、保険手続き、助成金の申請代行を行っている。 また、労働行政に5年間勤務している経験を生かして、日本で働く外国人の就労ビザ申請手続きを中心に外国人雇用に関する労務相談、外国人を雇用するときに必要になる雇用契約書、就業規則、諸規定の整備を専門としている。 セミナー実績 ・全国の就労移行移行支援事業所にて管理職向けの労務管理セミナーを実施 ・労働局委託で福祉事業所、派遣元への労務管理セミナー年間20回実施    ・民間認定資格の認定講習の講師