日本語教師の資格が国家資格「公認日本語教師」に|ビザサプリジャーナル

  1. ビザサプリジャーナル TOP
  2. 日本語教師の資格が国家資格「公認日本語教師」に

日本語教師の資格が国家資格「公認日本語教師」に

公開日:2020.05.14

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

現在は国の決めた資格のない「日本語教師」ですが、2020 年以降には大きく変わってきます。 国家資格「公認日本語教師」になります。

なぜ国家資格になるのか

その目的は、日本語教育能力の判定に関する報告(案)という資料から転記しますと

日本語教師の質と量を確保すること

現状、国の決めた資格がないため日本語教師養成講座の内容や質にばらつきがあります。そこで日本語教師養成講座を修了すれば、先生の質が確保できるようにしようということです 。

日本語教師の需要が増える

今、日本に住んでいる外国の方が急増しています。2012 年末には 200 万人だったのが、 2019年 6 月末時点では 280 万人超。そのため、日本 に 住 む 外国人 に日本語を教える「日本語の先生」の数が必要ということです。

日本語教師の社会的地位を上げる

国家資格にすることで、社会的地位を示そうという意味もあります。

いつから国家資格になるのか

今の段階で現在の日本語教師の資格(日本語教師能力検定試験)を取っても大丈夫かという懸念がありますが、その点は 経過措置として考慮されるようです。下の資料の一番右に「現行の法務省告示基準の教員要件を満たす者(経過措置)」とあります。

 

今回は日本語教師が国家資格になるという情報をまとめました。ただ、いつから国家資格になるかは分かっていません。現状では、日本語教師養成講座を修了することで日本語教師になれます。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ