契約社員でも就労ビザが取得できるの?|ビザサプリジャーナル

  1. ビザサプリジャーナル TOP
  2. 契約社員でも就労ビザが取得できるの?

契約社員でも就労ビザが取得できるの?

公開日:2018.05.15

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

例えば、海外にいる外国人に就労のための内定を出した場合に、正社員ではなく、契約社員であっても在留資格認定証明書交付申請をした場合の認定がおりるのかどうか質問を受けることが多くあります。

この点、結論としては、契約社員であるという理由で認定がおりないということはありません。実際に私が申請取次ぎを行ったケースでも契約社員という形で認定が取れたものがあります。

正社員・契約社員という雇用形態の違いよりも、どのような業務内容を行うのかという点が重要です。

ただ、契約社員の場合、雇用される期間が6ヶ月・1年などとされていることが一般的です。この場合、正社員と比較すると、業務の安定性や継続性という部分では弱いとみられがちです。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
綴木 晴彦

綴木 晴彦

1982年生まれ。中央大学法学部卒、中央大学大学院卒。教育系の企業にてB to C部門の執行役員として新サービス開発などを統括。ビジネスマンのキャリア開発、資格取得の支援などを行う。その後、人材系のベンチャー企業である株式会社ネオキャリアに参画し、事業部長として新規事業開発に従事。行政書士法人jinjerを設立。東京都行政書士会新宿支部所属。