東日本大震災により一度はゼロとなった福島県南相馬市小高区から人材育成と事業創出を目指す 「Next Action→ Social Academia Project」の参加者募集!|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 東日本大震災により一度はゼロとなった福島県南相馬市小高区から人材育成と事業創出を目指す 「Next Action→ Social Academia Project」の参加者募集!

東日本大震災により一度はゼロとなった福島県南相馬市小高区から人材育成と事業創出を目指す 「Next Action→ Social Academia Project」の参加者募集!

公開日:2021.04.08

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「Next Action→ Social Academia Project」始動

一般社団法人パイオニズムとソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、東日本大震災から10年の節目を迎える福島県南相馬市で、「Next Action Social Academia Project」を2021年3月10日に発足させ、同時に参加者の募集を開始しました。

本プロジェクトは、パイオニズム、ソフトバンクおよびヤフーの3者が持つこれまでの起業・事業化のノウハウやリソース、アセットを最大限に活用し、人材育成と事業創出を目指すものです。この10年にわたり、震災や原発事故により直面することとなった課題をはじめとした幅広い事業を募集します。そして参加者同士や県内外の企業、団体、自治体との交流やコラボレーションを促し、シナジーを最大化する機会の創出も行います。

 

 

企業紹介

一般社団法人パイオニズム

一般社団法人パイオニズムは、主に南相馬市をはじめとする原発事故避難指示区域を抱える12市町村において、住民の生活再建や旧避難指示区域の課題解決のための事業・活動を創出することを目的に設立いたしました。
小高パイオニアヴィレッジの共同運営事業者である株式会社小高ワーカーズベースとともに、同施設を拠点とした事業創造コミュニティを地域に生み出し、チャレンジと多様性溢れる持続可能な地域社会を実現いたします。

代表理事:和田 智行

所在地:福島県南相馬市小高区本町1-87 小高パイオニアヴィレッジ内

 

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社はソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離、国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者です。

代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙

本社:東京都港区東新橋1丁目9−1

 

ヤフー株式会社

日本最大級のインターネットの総合情報サイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社は、ITを使って人々や社会のさまざまな「課題」を解決していく「課題解決エンジン」として、いろいろな取り組みを進めています。

代表取締役社長 CEO:川邊 健太郎

本社:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー

 

プロジェクト概要

福島県北東部の海沿いに面する、南相馬市小高区。
2011年に起きた東日本大震災で一転、
福島第一原子力発電所事故によって避難指示区域に指定され、
当時、1万3,000人ほどいた小高区の全住民は避難を余儀なくされ、
2016年の避難指示解除まで、実に5年4か月もの間、”人の住めない町”でした。

一度は人口ゼロとなった福島県南相馬市小高区から、
新しい価値創造ができる事業を打ち上げるプロジェクト。

「Apollo」「Rocket」「Booster」の3クラスがあり、各クラスの参加者が協力しながら
「ムーンショット」(これまでにない挑戦という意)を目指します。
東日本大震災の犠牲者の月命日である毎月11日にオンラインイベントを開催し、
3クラス全てのメンバーに学びと交流の機会を創出します。

 

(引用:公式サイトより)

 

参加者募集概要

募集期間:2021年3月10日~4月18日

初回プログラム開催日:5月11日

対象年齢:応募開始時点で満16~29歳

受講費用:無料

★応募の詳細は公式サイトから

 

 

ーーーーーーーーー

 

以上です。

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

(プレスリリースはこちら

 

応募に関するお問い合わせ

小高パイオニアヴィレッジ内
Tel:0244-26-4665
E-mail:nasa-pj@pionism.or.jp
担当:和田、根本

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事

脇田 舞香

1997年生まれ。大阪府吹田市出身。2019年 中央大学商学部商業・貿易学科 卒業。 新卒で株式会社ネオキャリアに入社し、経営企画部にて新規プロダクトとなるFintechサービスの法人営業に2年間従事。 昨今のコロナウイルス感染症拡大を受けた中小企業の環境変化を目の当たりにし、中小企業向けの経営支援に興味を持ち、行政書士法人jinjerに参画。 現在は、SNS、起業サプリジャーナルを通じて、小規模、中小企業向けに補助金・資金調達に関する情報発信や、事業計画の策定・支援に従事。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ