資格取得やサロンオープン。競合が多い美容サロンでもリピート率95%の秘密【起業インタビュー79回目】|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 資格取得やサロンオープン。競合が多い美容サロンでもリピート率95%の秘密【起業インタビュー79回目】

資格取得やサロンオープン。競合が多い美容サロンでもリピート率95%の秘密【起業インタビュー79回目】

公開日:2018.10.11

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「スキルを向上させ、憧れの自分の店舗を持ちたい!」

そう願うエステティシャンやセラピストは多い一方で、いざ始めてみるとオープンして3年以上続くサロンは5%未満であるのが現状の世界。

今月、オープン3周年を迎えた『ベルズ目黒』は間近のリピート率が驚異の95%。オーナー・伊藤和歌子さんの美容業界歴は30年、プライベートでは二人の娘さんを育ててきた。

家族を大切にしながら、自分のサロンを持ち、お客様に長く愛される。そんなストーリーに憧れる女性はきっと多いだろう。今回は一度ご来店をされたお客様の心を掴んで離さない。愛されサロンの秘密を伺いました。

 

伊藤和歌子さん プロフィール

「一生ずっと綺麗じゃなきゃ」をコンセプトにした『ベルズ目黒』のオーナー。

国内コスメブランドのサロンインストラクター兼エステティシャンとして24年間従事、その間のカウセリング数は20,000人を超える。

美容業界30年、延べ10,000人を施術。

コスメ美容の専門知識を要する、受験者数が300,000人を超える化粧品検定の中でも、さらにプロフェッショナルな知識を必要とするコスメコンシェルジュ東京都第1号。

  • エナジーテラピー協会認定セラピスト
  • 美容のプロが運営する美容情報に特化したウェブメディア【美オタ】プロジェクトメンバー
  • Modelpressが運営する美容情報アプリMAKEITユーザーランキング連続1位
  • @ cosme ビューティスペシャリスト

 

#1 オールハンドでお客様を〝健康〟に導くサロンのこだわり

 

>はじめに、伊藤さんの現在のお仕事内容をお教えください。

目黒駅から徒歩3分の場所で『ベルズ目黒』というサロンをひとりで運営しています。そのため、顧客対応や事務全般、パンフレットの作成もすべて自分で行っています。

 

>「エステサロン」というと数多くあるイメージですが、ベルズ目黒さんの〝こだわり〟と〝独自性〟は何でしょうか。

まずこだわりは「一生ずっと綺麗じゃなきゃ」をコンセプトにしているので、お客様が綺麗でい続けられるように全力でお手伝いをしています。

独自性はオールハンドでの施術で、機械に頼らないことです。

そして自律神経を整えるエナジーテラピーの専門サロンであり、こだわりにも繋がりますが、外見の美しさだけではなく、健康の面にも効果が抜群なところでしょうか。

 

> 綺麗になりながら健康になれたら一石二鳥ですね! 健康に着目をし始めたのはなぜですか?

年齢を重ねていく中で、「綺麗」の定義は見た目だけではなく「健康」がベースにあるものだと更に実感しました。例えば体調を崩して熱を出してしまったときに「いつものようにお化粧をきれいにしよう」とはなかなか思えないものです。

特に40代以降になると原因が不明で頭痛がしたり、イライラしたり、疲労感が抜けない不定愁訴になってしまう人が少なくありません。

私も42歳の運転免許証、更新時がまさにその時期でした。証明写真を同条件で撮っているはずなのに3年前との違いに愕然とし、ショックを受けて「美容の仕事は退いた方がいいんじゃないか…」と思い悩んだほどです。

今振り返ると、当時は疲れ切っていました。

体調が悪くなり、顔色も悪くなる。まさに私が経験をしてしまったことです。

そうなると綺麗からどんどん遠ざかってしまうので、かつての自分と同じように自信までなくしてしまう人を減らしたい。そのベースになる「健康」になりながら美しくなれるサロンを目指しています。

 

 

 

#2 店舗を選ぶときはお客様の心理、行動をシミュレーションして選ぶこと

 

>自分の店舗を持ちたい!と願うエステティシャンやセラピストの方は多いと聞きます。どのような道のりでサロンをオープンさせましたか?

私も20代のときから「いつかは自分のサロンを持ちたい!」と思っていました。

しかし35〜45歳の10年間は、娘二人を育てるために、保険会社のコールセンターで契約社員をしていました。

それでも大好きな美容のお仕事は続けたかったので、平日の夜と土日はサロンで働くといったダブルワークでしたね。子育てもひと段落したときに、ほかの美容サロンでのお仕事にシフトしました。

そのサロンがエナジーテラピーをサービスの一部として取り入れ、健康状態が辛くなっていた自分の身体に効果抜群で驚いたのです。先ほどの免許更新時のエピソード後の出来事です。

「なんて身体が楽なんだろう」と色々な痛みが取り除かれたことに感銘を受け、自分でサロンを始めるなら絶対にこの技術でお客様を綺麗に健康にしようと決心をしていました。

 

>よくよくお話を聞くと、コールセンター時代は契約社員として異例の1年半でコールセンターのマネージメント職に昇格したという伊藤さん。それがある意外な場で役に立ったようですが、具体的にお教えください。

店舗を借りるときの信用です。

ポジションの昇級というよりも、楽ではない環境で10年間続けていたことが、店舗を借りるときの不動産のオーナーさんへの信用になっていました。

1店舗目を借りることは思っていた以上に大変でした。オーナーさんからすると、家賃滞納のリスクもある。お申し込みから1ヶ月以上待ち「もうこの場所は諦めないといけないかな」と思い始めたときにご承諾をいただき、その理由が「厳しい環境でも10年間働いていたご経歴を評価します」ということでした。

できることなら美容のお仕事だけをしたかったけれど、子育てのためにしてきたことが自分のやりたいことにプラスになったときはとても嬉しく、どんなキャリアでも自分が努力をすれば役立つんだなと思った瞬間でした。

 

 

>素晴らしいですね。ところで、そこまで今のサロンの場所にこだわっていた理由をお教えいただけますか。

 まず一番は静寂さです。エステサロンということでお客様は非日常を期待して来られる方がたくさんいます。そこで癒されているときに騒音が聞こえてしまうと、リラックスできるものも効果が半減してしまうと思うのです。

大通りから面していないところにあり、飲食店が並ぶところからも距離があるのでいつでも静かなのですよ。

特に物件を初めて見に来たときは、会社員のお客様が帰られる時間を想定した時間に見学をしました。駅からわかりやすい道順で、雨でもほとんど濡れず、そして静か。帰り道もお酒に酔っている人とほとんど接触のないルートで帰れるところが安心できると思い、この物件に一目惚れでした。(笑)

 

#3 大手のように賄えない広告費は人との繋がりが鍵になる

 

>ご自身のサロンを運営するために必須だと思うことは何ですか?

サロン運営や経営だけに限らないと思うのですが、人とのご縁を大切にすることです。

例えば私はオープンしたときに大手のような資金力があったわけではないので、投資できる広告費は限られていました。

そんな中で自分の力になってくれたのは繋がっている人たちでした。

まずオープンをする直前に、電話帳にある500件ほどの連絡先の人すべてにメッセージをしたのです。男女、年齢問わず全員です。

すると高校時代の友人やママ友と再会をしたり、知人に口コミをしてくれる人がいたり、タイムラグはあっても来てくれる人がたくさんいました。

 

>どんどん進化する美容分野において情報の取捨選択の方法についてお教えください。

情報のある場に行き過ぎないことです。

新しいもの・知識を知ることは大切ですが、あくまで自分の方針と合っているのかを軸にジャッジしています。

例えば美容分野はどんどん新しい機械が出てきますよね。その機械を紹介するイベントもたくさんありますが、私は最初から最後までオールハンドでお客様を綺麗に健康にしたいので、機械を使ったイベントに足を運ぶことはそうありません。

しかし、健康はキーワードなので先月から予防医学士を取得できるスクールに通い始めました。最低でも9ヶ月かかるのですが、その期間に自分の身体を目標にしたところまで変化をさせないと卒業ができないくらい厳しい環境なので、必死に学んで実践中です。(笑)

 

>会社にいたらそこで知識やノウハウの共有や新しい研修がありますが、個人でやっているとなると、どのようにブラシュアップされていますか?

同じ協会(エナジーテラピー協会)で認定セラピストの資格を持っている仲間と、月に1〜2回はお互いに施術をして勉強会をしています。

そしてフィードバックをしあったり、協会の規定で守るところは守りながらも守破離のように自分たちでアレンジをしあったり。新しい技術の向上の機会を設けています。

 

#4 エステ→美容のイメージでも、健康面のこだわりをプラスしたことで人の夢を叶える仕事に


 

>今のお仕事のやりがいを改めてお教えいただけますか?

 お客様の健康や綺麗に携わって喜んでいただけることです。
そしてときには人の夢を叶えたり、目標達成をしたりするお手伝いができることがあり、笑顔で帰宅してくださること、ご報告をくださることにとても幸せを感じています。

最近だとミュージカル女優のお客様が怪我をされてしまったのです。手術をしてしまうと二度と舞台に立てないけれど、日常生活をよくするために手術せざるを得ない状況になっていました。

しかし自律神経を整えるエナジーテラピーを7月〜9月で集中的に受けていただくと、お医者様も驚くほどの回復力で手術をすることなく、そして舞台にも復帰できることが決まったと報告してくれたときは感激しましたね。

ほかにも末期ガンでステージ4のお客様が薬の副作用で末端の痺れに悩まれていたのですが、「その副作用の痛みがなくなったから、5kmのウォーキングに挑戦します!」とご本人が新たな目標をつくって挑んでいる姿にも元気をもらいました。

私がお客様から元気をいただき励ましてもらっています。

 

>まさに人の人生を良い方向へ導いているエピソードですね! いつまでもスキルアップ、キャリアアップを志している伊藤さん。今後の展望をお教えください。

 今はひとりでプライベートサロンを経営していますが、今後は美容業界で独立しても継続ができる礎をつくっていきたいです。

ご自身の店舗を持つためにベルズ目黒を活用していただき、暖簾分けをできたらいいなと思っています。

そのためにも私自身が来てくださるお客様、おひとりおひとりに感謝の気持ちを忘れず、常に謙虚さと自我のバランスを大切にして前に進んでいき、何度でも来たくなるサロンを作り続けたいですね。

そして仲間をつくって、健康で綺麗な人が増える社会に貢献できるよう、今後も尽力していきます!

 

◆お知らせ

10月にオープン3周年を迎えた『ベルズ目黒』さんは、エナジーテラピーを体験してみたい方にトライアルもご用意されています。

ボディメイク90分コース

通常価格\15,600(税別)→トライアル\5,000(税別)

 

ご興味ある方は詳細をこちら(http://www.belles.biz/)からご確認ください。

 

◆編集後記

オールハンドで触れるからこそ、お客様の心情を常に考え、同じ目線に立つ。来店した日の体調に合わせて臨機応変に対応をし、居心地のいい空間づくりに徹している。

呼吸を聞いていると疲れ具合がわかるので、会話の量も調整しているということには驚きました。

リピート率が95%である愛されサロンの秘訣は、気配り上手な伊藤さんのそうした細部へのこだわりと、「健康」のナレッジを常にプラスし続けてお客様に最善のものを提供していること。

そして何より、すべてを「ご自身の手」で行うからこそ、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの施術と、心に寄り添ったコミュニケーションから自然とつくられるホスピタリティーで溢れる空間があるからこそなのだと感じました。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
上村 菜穂

上村 菜穂

20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして学生時代からフリーランスとして独立。14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。これらの経験を活かし、ライターのほかにも女性起業家のPR指導者として活動中。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ