【働き方改革】RPA~ロボットを使って雑務を減らそう|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 【働き方改革】RPA~ロボットを使って雑務を減らそう

【働き方改革】RPA~ロボットを使って雑務を減らそう

公開日:2018.04.06

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

雑務って多いですよね。少人数で会社やっている場合には特に主業務に特化して仕事ができるわけもなく、たくさんの雑務をこなしながらということになります。
その状況で「売り上げを上げないといけない」「顧客サポートをしないといけない」「従業員の面倒をみないといけない」・・・たくさんの仕事が覆いかぶさってきます。

とにかく雑務を減らしたい。そこをどうすればいいかを今回お伝えします。

 

話題の「RPA」を知っておこう。

IT業界で話題騒然なのが、「RPA」です。“R”ロボットで“P”プロセスを“A”オートメーション化するということです。
このRPAは、「ソフトウェアのロボット」という意味合いで使われることが多く、技術的には目新しいものではないですが、さまざまな活用方法が見出されていて、あちこちで騒がれています。

 

ポイントは、定型業務の自動化

RPAを活用する典型的な業務は、パターン化や同じような作業を繰り返す定型業務です。これをロボットで自動化をするのです。
例えば以下のようなものが考えられます。

・日報入力で定型文を入れたり、今日の日付を入力したり、電子印を押したり・・・
・在庫量が○○以下になったら、仕入先に発注書を発行したり・・・
・〇日前に定型文でリマインドメール送ったり・・・
・過去の記事を参照してブログを定期的に更新したり・・・
・エクセルの一覧から、WEB画面にデータを書き写したり・・・
・税理士からもらった財務データを自社分析ソフトに入力したり・・・
・商品をメルカリに出展したり・・・

考えれば考えるほど、たくさんの場面で活用できます。これらがすべて自動化できるのです。明らかに検討の余地があります。
無駄な作業に1日中時間をかけていた・・・なんてことがあればこれで改善できるかもしれませんよね。

 

RPAの解説動画

以下の会社のホームページでは、動画を使ってRPAの解説をしてくれています。ぜひ参考にご覧くださいませ。しかも、安い!
Connectiv株式会社

 

まとめ

知っているだけで無駄な作業が一気に解決することがあります。RPAみたいな横文字だと取っ付きにくい場合もあるかもしれませんが、積極的に使ってみることをお勧めします。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
黒川 貴弘

黒川 貴弘

合同会社フロントビジョンコンサルティング業務執行役員。中小企業診断士。 中小企業向けのクラウド業務管理を中心にITコンサルタントとして活動する傍ら、LEC東京リーガルマインド、千葉商科大学、神奈川大学などの非常勤講師も担当し、自身の経験則も含め熱弁をふるっている。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ