令和2年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型(第4回締切分)」の補助事業者が採択されました|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 令和2年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型(第4回締切分)」の補助事業者が採択されました

令和2年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型(第4回締切分)」の補助事業者が採択されました

公開日:2021.02.25

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

令和3年2月5日、令和2年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型(第4回締切分)」の補助事業者が採択されました!

 

採択率は、29.3%となっています。

 

令和元年度補正予算中小企業生産性革命推進事業として実施している「小規模事業者持続化補助金」の「コロナ特別対応型」について、令和2年4月28日から募集を開始しており、10月2日に第3回公募分を締め切りました。申請のあった52,529件について外部有識者による厳正な審査を行った結果、15,421件の採択事業者を決定しました。
なお、採択事業者15,421件のうち10,400件が事業再開枠の申請を行っており、換気設備の導入や、アクリル板の設置等の感染防止対策が進められています。

 

詳細はこちら

 

・第1回締切分採択率:81.5%(6,744件中5,503件)

・第2回締切分採択率:81.3%(24,380件中19,833件)

・第3回締切分採択率:33.9%(37,302件中12,664件)

 

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)とは?

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等が経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3または3/4を補助します。補助上限額:100万円。さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円を上乗せいたします。加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる業種(以下、「特例事業者」という)については、さらに上限を50万円上乗せが可能です。(コロナ特別対応型か事業再開枠か、自由に配分可能です)

 

公募要領〔第7版〕2020/10/2更新

あなたは何型?早わかりチャート

 

—————————————————————

 

その他の補助金に関するご相談は行政書士法人jinjerまで。

(行政書士法人jinjer)

info@gyousei-jinjer.com

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事

脇田 舞香

1997年生まれ。大阪府吹田市出身。2019年 中央大学商学部商業・貿易学科 卒業。 新卒で株式会社ネオキャリアに入社し、経営企画部にて新規プロダクトとなるFintechサービスの法人営業に2年間従事。 昨今のコロナウイルス感染症拡大を受けた中小企業の環境変化を目の当たりにし、中小企業向けの経営支援に興味を持ち、行政書士法人jinjerに参画。 現在は、SNS、起業サプリジャーナルを通じて、小規模、中小企業向けに補助金・資金調達に関する情報発信や、事業計画の策定・支援に従事。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ