今日の起業関連ニュース|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 今日の起業関連ニュース

今日の起業関連ニュース

公開日:2017.11.22

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

起業に関連する情報やベンチャーに関連する情報など、気になるニュースをご紹介していきます。

 

2017年11月

ビズリーチが新サービス、M&Aで企業の後継者問題を解決する「ビズリーチ・サクシード」をローンチ(2017/11/28)

 

・ビズリーチが事業承継 M&A プラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」正式リリース(11/28のプレスリリース)。

・全国の中小企業支援センターと連携、三井住友銀行も事業承継支援ツールの一つとしてビズリーチ・サクシードを利用。

 

参照元:ビズリーチ

 

日本の中小企業の経営者は、2025年に6割以上(約245万人)が引退時期を迎え、現在その約半数にあたる127万社(日本の企業の約3分の1)が後継者未定の状態にあると言われています。

経営者が事業を次世代へ承継するには、主に①親族や従業員への承継、②外部人材の採用、③他企業への事業承継という3つの選択肢があります。ビズリーチはこれまで①が困難な企業に対して②の支援を行ってきましたが、今回③の選択肢を提供できるようにしました。

サービスの特徴としては、①インターネット上のマッチングプラットフォームで、企業の市場価値と経営の選択肢を可視化できること、②譲渡企業は完全無料で譲り受け企業に出会えること、③採用領域における実績と知見を生かしたサービスであること、があげられます。

 

 

Forbes JAPAN 1月号にて、日本の起業家ベスト10やスタートアップの有望株50社発表

 

・Forbes JAPAN 1月号にて、日本の起業家ランキング2018発表

・世界を変えるスタートアップBEST 10発表

・スタートアップの有望株厳選50社発表

 

参照元:Forbes JAPAN

 

Forbes JAPAN 1月号にて、日本の起業家ベスト10やスタートアップの有望株50社が発表されました。

スタートアップの有望株50社には、起業サプリジャーナルでもインタビューさせていただきましたLEAP MIND も選ばれています。

また、日本でもっとも影響力のあるベンチャー投資家ランキングベスト10も発表されました。

 

 

VCの視線 「金の種」独断即決の4人 。インキュベイトファンド枝葉出るまで育成。

 

・インキュベイトファンド(IF)の取り組みについて紹介。

・IFの設立は10年。累計で170億円を運用。投資先のスタートアップの数は200を超える。

・IFは、「シード」や「アーリーステージ」と呼ばれる初期段階のスタートアップに的を絞って投資。

・IFの1社あたりの投資額は2億円前後。投資期間は10年半とVCにしては長い方。

参照元:日本経済新聞

 

売上高がほぼゼロだったパネイル(東京・千代田)への投資は結果的にIFに約67億円の評価益をもたらした、スピーカーに向かう角度によって音の聞こえ方が変化する「指向性スピーカー」などを開発しているピクシーダストテクノロジーズ(東京・港)への投資、ispace(アイスペース、東京・港)への投資など、起業家と一緒に事業を育てるという「面倒見のよさ」について紹介されています。

私も9月にインキュベイトファンド主催の「Incubate Fund MeetUP~キャピタリスト インサイト~」へ参加して、現在インキュベイトファンドが持たれている関心テーマについての話をお聞きしました。

 

九州の学生起業家を手厚く支援するインキュベーションプログラム発足~「TORYUMON STARTUP GATE」

・TORYUMONが、九州の大学生向けインキュベーションプログラム「TORYUMON STARTUP GATE」(TSG)を、12月から福岡で実施すると発表。

参照元:ASCII STARTUP

 

学生による起業支援団体TORYUMONは、11月15日、九州の大学生向けインキュベーションプログラム「TORYUMON STARTUP GATE」(TSG)を、12月から福岡で実施すると発表しました。ビジネスモデルのブラッシュアップからサービス開発スキルの指導、プレゼン指導までを講義形式で手厚くサポートし、必要に応じて個人メンタリングも随時実施されるとのこと。TSGの参加学生10組は、3ヵ月間サービス開発に取り組むプログラムとなっています。

 

関連:TORYUMON

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
綴木 晴彦

綴木 晴彦

中央大学法学部卒、中央大学大学院卒。株式会社東京リーガルマインド(LEC)にて新商品開発部門など B to C 部門の執行役員を経て株式会社ネオキャリアに参画。経営企画部にて新規事業開発に従事。行政書士法人jinjer代表社員。第二種衛生管理者、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種、年金アドバイザー3級、日商簿記3級、FP3級、二種証券外務員、貸金業務取扱主任者、宅建士等の資格を保有。