株式会社ジラフがシリーズBでアイ・マーキュリーキャピタル、グリー、メルカリファンドから総額4億円を資金調達|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 株式会社ジラフがシリーズBでアイ・マーキュリーキャピタル、グリー、メルカリファンドから総額4億円を資金調達

株式会社ジラフがシリーズBでアイ・マーキュリーキャピタル、グリー、メルカリファンドから総額4億円を資金調達

公開日:2017.11.02

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

株式会社ジラフ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:麻生輝明、以下「ジラフ」)は、2017 年11 月に総額約4億円の資金調達を実施することを発表した。

当該第三者割当増資の引受先は、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:新和博)、グリー株式会社(東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和)、株式会社メルカリ(東京都港区、代表取締役会長:山田進太郎)、株式会社アドベンチャー(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村俊一)、そして既存投資家である株式会社ドリームインキュベータ(東京都千代田区、代表取締役社長:山川隆義)、ポケラボ創業者・ジラフ執行役員の佐々木俊介氏。

今回の資金調達により、ジラフの資本金(資本準備金を含む)は約6億円となる。

 

ジラフは2014年10月の創業からわずか3年で買取価格比較サイト「ヒカカク!」の月間利用者数が140万人を突破、修理料金比較サイト「最安修理ドットコム」の月間利用者数が30万人を突破。

また、直近2017年10月には検品済携帯のフリマサイト「スマホのマーケット」を新たにリリースし、CtoC領域への参入も果たしています。

スマホのマーケットは、iPhoneをはじめとした中古のスマホ端末に特化したフリマサイトとなります。従来のフリマサイトは出品者と購入者というユーザー同士でやりとりを進める、CtoC型のサービスが多かったといえますが、スマホのマーケットは運営元であるジラフが出品者と購入者の間に入り、安全な取引を支援する点が大きな特徴となっています。ジラフを経由することで、購入者は端末の動作チェックや除菌、購入端末に適合したSIMカードの診断・購入、出品者は端末内のデータ削除といったサポートを受けられます。

 

株式会社ジラフ 会社概要
・代表取締役 麻生 輝明
・設立 2014 年10 月
・資本金 601,750,907 円(資本金・資本準備金含む)
・所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-15

 

株式会社ジラフ代表の麻生輝明氏へのインタビュ-記事はこちら

 

参考:プレスリリース

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
綴木 晴彦

綴木 晴彦

中央大学法学部卒、中央大学大学院卒。株式会社東京リーガルマインド(LEC)にて新商品開発部門など B to C 部門の執行役員を経て株式会社ネオキャリアに参画。経営企画部にて新規事業開発に従事。行政書士法人jinjer代表社員。第二種衛生管理者、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種、年金アドバイザー3級、日商簿記3級、FP3級、二種証券外務員、貸金業務取扱主任者、宅建士等の資格を保有。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ