2017年度株式の新規公開(IPO)について|起業サプリジャーナル

  1. 起業サプリジャーナル TOP
  2. 2017年度株式の新規公開(IPO)について

2017年度株式の新規公開(IPO)について

公開日:2017.04.18

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

昨年度は、JR九州やLINEの上場が話題となりました。

本年度についても複数の企業についてIPOが噂されていますので、昨年度の上場企業と本年度上場するといわれている企業についてまとめました。

 

2017年度IPO

本年度については、大型案件は少なく、数は90件程度の見込みと例年並みであるといわれています。

また、特徴としては、テック銘柄について注目が集まっています。

 

具体的には、シェアエコノミーの分野でメルカリ、ラクスル、メディアではスマートニュース、IOT分野ではSansan、ソラコム、自動車関連ではテラモーターズ、ヘルステック分野ではFINC、フィンテック分野ではマネーフォワード、freee、お金のデザインなどの名前があがっています。

 

日系ヴェリタス(2017年4月2日発行)にて「今年度IPO目玉はこれだ!」との記事も出ていますので、参考になります。

また、東洋経済(2017年2月18日発行)には、「白熱する第4次ブームベンチャー沸騰」との見出しがつけられており、この中で、「有望ベンチャーリスト」として100社が紹介されています。具体的には、ライフイズテック、トレタ、AnyPay、div、フォトシンスなどが紹介されています。

IPOのスケジュールについては、会社四季報ONLINEが参考になります。

 

2016年度のIPOの状況

前年よりも9社少ない83社と、7年ぶりに減少しました。

 

【一覧】

はてな

バリューゴルフ

中本パックス

ヨシムラ・フード・フォールディングス

プラス

フィット

LITALICO

富士ソフトサービスビューロ

ユー・エム・シー・エレクトロニクス

富山第一銀行

昭栄薬品

アカツキ

アイドママーケティングコミュニケーション

フェニックスバイオ

アグレ都市デザイン

グローバルグループ

イワキ

ヒロセ通商

チエル

ベネフィットジャパン

ウイルプラスホールディングス

PR TIMES

エボラブルアジア

ハイアス・アンド・カンパニー

丸八ホールディングス

エディア

グローバルウェイ

ジャパンミート

ホープ

アトラエ

農業総合研究所

やまみ

AWSホールディングス

ストライク

ジェイリース

バーチャレクス・コンサルティング

キャリア

ベガコーポレーション

コメダホールディングス

ソラスト

セラク

LINE

デゥアルタップ

インソース

リファインバース

デファクトスタンダード

ベイカレント・コンサルティング

カナミックネットワーク

デジタルアイデンティティ

串カツ田中

ノムラシステムコーポレーション

バリューデザイン

チェンジ

シルバーエッグ・テクノロジー

シンクロ・フード

G-FACTORY

キャピタル・アセット・プランニング

KHネオケム

マーキュリアインベストメント

ユーザベース

九州旅客鉄道

アイモバイル

バロックジャパンリミテッド

岐阜造園

フィル・カンパニー

WASHハウス

JMC

スタジオアオタ

エルテス

イントラスト

グッドコムアセット

キャリアインデックス

MS-JAPAN

シンシア

船場

日本モーゲージサービス

リネットジャパングループ

グレイステクノロジー

セグエグループ

イノベーション

エイトレッド

フォーライフ

ティビィシィ・スキヤツト

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
投稿者について
最近の記事
綴木 晴彦

綴木 晴彦

中央大学法学部卒、中央大学大学院卒。株式会社東京リーガルマインド(LEC)にて新商品開発部門などB to C 部門の執行役員を経て株式会社ネオキャリア(経営企画部新規事業開発)に参画。行政書士、ビジネス実務法務検定準1級、第二種衛生管理者、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種、年金アドバイザー3級、日商簿記3級、FP3級、二種証券外務員、貸金業務取扱主任者、宅建士等の資格を保有。

人気の記事

最新記事

カテゴリー

タグ